完全解析☆健康管理システム

従業員の健康を守る事が必須です

従業員の健康を守る事が企業の使命として定着してから、健康管理システムを使用する企業が増えてきています。健康を管理するために、人事部などの負担が増えてしまい悪循環に陥ってしまったという背景があるからです。健康管理システムを導入する事で、人事などの業務を減らすこともでき、また、人員を減らすこともできるようになるでしょう。

クラウドによる健康管理システムを比較すると、様々な企業に向けて様々なサービスを行なっています。そのため、自社の企業の大きさや、どこまでサポートをして欲しいのかを明確にしてサービスを検討する事が大切です。

健康管理システムの中には、従業員が自分でログインしてストレスチェックを受けることが出来るようなものもあります。その他にも労働時間をチェックして労災を防いだり、定期検診の結果を保存しておいて何年分かを見ることが出来る機能もあります。

株式会社エヌ・エイ・シー

総合評価
★★★★★
サービス内容
★★★★
利便性
★★★★★
満足度
★★★★
掲載量
★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 最小限の手間で最大の効果を発揮するサービスの提供
  • 培ったヘルスケアの経験とITの融合
  • 高い技術力によるシステムの開発

高齢化による医療費の増加に伴って、健康診断などのデータを管理するためには多くの時間が必要になってきました。株式会社エヌ・エイ・シーでは、企業が行う健康診断やそのデータの管理を効率よく管理できるシステムを提供しています。

株式会社エヌ・エイ・シーは、今までに様々なシステムを提供しており豊富な経験があります。特に健康診断や健康管理などのヘルスケアに関するシステムの開発は、長期間行っており自信があります。お客様の要望に合ったサービスを提供させていただきます。

株式会社エヌ・エイ・シーでは、健康管理システムのコンサルティングからIT環境の保守運用まですべてをカバーするサービスを提供しています。今まで培ってきた豊富なノウハウ生かし、価格以上の高品質なサービスでお客様をサポートいたします。

NTTテクノクロス

総合評価
★★★★
サービス内容
★★★★
利便性
★★★★★
満足度
★★★★
掲載量
★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 法制度に基づいた従業員の健康管理が適切に行えます
  • 従業員の健康管理が一元化できます
  • 企業や健康保険組合、医療機関など70団体以上で使用されている人気の高いシステムです

従業員の健康管理を行うのは、非常に手間が掛かり大変です。特に法規制に基づいて適正に管理されているかは、企業や保険組合に取って重要な事項です。この管理を簡略化する目的で、NTTテクノクロスの健康管理システムを導入しましょう。

NTTテクノクロスの健康管理システムは、個人の属性情報や健診結果を一元管理ができ、産業保健と特定保健指導の指導内容まで同じ画面で管理することができます。データの抽出も楽にでき、健康管理に関する法規制の漏れもありません。

NTTテクノクロスの健康管理システムは、1991年にNTTグループ従業員の健康管理システムとしてスタートしています。これまでノウハウを積み上げて、現在では70団体以上で使用され、好評なシステムです。セキュリティーも万全で、個人情報や機能ごとにアクセス制限が可能となっています。

株式会社麻生情報システム

総合評価
★★★★
サービス内容
★★★★
利便性
★★★★★
満足度
★★★
掲載量
★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 労働安全衛生業務の効率化と情報の有効活用を実現
  • 様々な健康情報の蓄積と人事や勤怠情報と連動した効率的推進の実現
  • 新旧職業性ストレスチェックに対応し、オリジナル問診も取れるたシステムの構築

株式会社麻生情報システムは健康管理ソリューションに力を入れており、企業及び官公庁に向けた保健現場の声を反映した健康管理システム、及びストレスチェックシステムの開発のプロフェッショナルとして、健康管理をサポートしています。

株式会社麻生情報システムの健康管理システムは、健診種別を無制限に設定でき事前の準備から保健師の業務支援の効率化を実現、様々な集計条件が設定にも対応し集計表作成までが簡単に行えるようサポートができます。

株式会社麻生情報システムのストレスチェックシステムはストレスチェックの義務化や、新旧の職業性ストレスチェックシステムに対応し、オリジナル問診事項も自由に設定可能です。

株式会社インテージテクノスフィア

総合評価
★★★★
サービス内容
★★★★
利便性
★★★
満足度
★★★★
掲載量
★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • スマホやタブレットやパソコンで利用できる
  • 見やすく操作も簡単で使いやすい
  • 過去の健康状態と現在の状態を比較できる

社員の健康を願うことは、会社の恒久的な繁栄につながります。しかし各地に散らばった営業所や工場などの多くの社員の健康を管理するのは大変です。そんなときは株式会社インテージテクノスフィアの健康管理システムを活用することをおすすめします。株式会社インテージテクノスフィア健康管理システムでは、一人一人異なる社員の健康状態を一元管理することができます。スマホやタブレットやパソコンから、利用できるので非常に便利です。

株式会社インテージテクノスフィアの健康管理システムのメリットは、見やすくて操作が簡単なことです。膨大な健康情報も視覚的にわかりやすく表示してくれるので、社員の方も健康に関心を持つようになってきます。煩雑なデータもシンプルに整理されているのでわかりやすいのです。

株式会社インテージテクノスフィアの健康管理システムは、個人ごとの過去の健康診断のデータも見ることができます。そのため現在の健康状態と比較することができるのです。またデータの運用も代わって行ってくれるので、依頼主様が管理する負担もないのです。

PHC株式会社

総合評価
★★★★
サービス内容
★★★★
利便性
★★★
満足度
★★★★★
掲載量
★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 一人一人に合わせた保健指導を行います
  • 禁煙サポートプログラムをしています
  • スマホを使って便利に管理が出来ます

PHC株式会社は、健康管理システムを提供している企業です。インターネットやスマホを活用することで、一人一人に合った保健指導が出来るようになっています。また、しっかりとしたサポート体制も十分に整っています。

禁煙サポートプログラムでは、ニコチン製剤を使ってタバコを辞めたいと考えている方のサポートを行っています。インターネットを活用して、禁煙サポートのスタッフが定期的に支援を行っているプログラムになります。

ヘルスケア手帳サービスでは、スマホ一台で処方箋から服薬の内容についてのサポートをしています。インターネットを使うことで、待ち時間がなくても薬を貰えるサービスを可能としています。

株式会社南日本情報処理センター

総合評価
★★★
サービス内容
★★★★★
利便性
★★★★
満足度
★★★
掲載量
★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 使いやすさを重視した利便性が魅力
  • さまざまな状況に対応できる柔軟性を備えている
  • 安全性を考慮したセキュリティ対策で安心

株式会社南日本情報処理センターの健康管理システムは、利用者が快適に使用できるように考えて構築されています。一画面で多くの項目を表示・入力できるように設計されていることで、効率よく作業が行えます。また、操作性や見やすさといった面でも配慮されているのが特徴です。検索機能はいろんな条件を追加して行えるので、非常に便利です。

複雑化するデータ管理に対応可能な柔軟性を備えています。特にPDFファイルやEXCELファイルなど、複数の出力形式に対応している点は優秀です。その他にもカスタマイズやデータ分析が簡単に行えるため、どのような状況でも運用しやすくなっています。

健康管理システムを導入する上で外せない要素がセキュリティー面です。対策をおろそかにすると、データの流出や不正アクセスなどの危険性が伴います。株式会社南日本情報処理センターでは、高度なセキュリティー対策が施されているので安心です。厳重なパスワード管理やアクセス権限の設定など、対策も豊富です。

健康管理システムで社員の健康管理を確実に行う

自分の体のことは自分自身が良く分かるでしょう。だるいやしんどいなどは比較的日常的に起こります。これが痛いや起き上がれないとなると重大な問題になっている可能性があり、病院などに行く必要があるかもしれません。病気の中には急にかかって急に発症し、その分すぐに治るものもあります。一方で少しずつ進行しなかなか症状が分からず、わかったときにはかなり病状が進行しているものもあります。その状態から治療をするとかなり大変になります。日常的には突発的なものはわかっても、徐々に進行するものはなかなか把握することができません。そこで行うと良いのが健康診断です。特に健康状態に異変が無くても、特定の日に体のいろいろな部分を検査します。もし異常が見つかれば病気がある可能性があり、さらに検査をして病気を見つけられます。

会社においては労働安全衛生法に基づき、社員に対して健康診断などを行う義務があります。社員自身は安易に考えているかもしれませんが、会社としても法律だからと仕方なくしているところもあるようです。あまり乗り気でない会社は形式的に行うだけで、すべての社員が受けているかどうか、それらの社員に何か問題が出ているかなどのチェックはあまり行いません。ただ健康診断をしてその結果を知らせるだけのようです。しかしこの対応は将来的に問題が出てくる可能性があります。会社は法律上はただ健康診断を実施するだけでなく、社員の健康を考慮した仕事を与える必要があります。もし考慮せずに仕事をさせていれば、病気になった責任が会社にあると言われても何も言えません。健康診断を受けていない社員に重病が見つかっても会社の責任になるかもしれません。

そこで利用したいのが健康管理システムになります。社員が受けた健康診断の結果などを登録し、健診履歴や実際の結果なども入力していきます。これまでは社員に自主的に再検査などを受けてもらっていましたが、会社側が再検査を受けていない社員に促すなどができます。さらにいいのは予防につながりやすい所でしょう。良い判定が続くと一見問題なさそうですが、良い判定の中でどんどん悪化しているときは問題があるかもしれません。その時はデーターを持っている会社の方から健康に気を付けるように促すことができます。社員の病気を事前に防げれば、その社員が病気で休んだり退職したりするリスクを減らすことができるでしょう。ストレスなどが問題で心の病気になる社員がいますが、ストレスチェックによってそれを事前に見つけたり防いだりする試みが始まっています。それらの情報なども管理することで、より社員の管理がしやすくなるでしょう。