完全解析☆健康管理システム

健康管理システムで保健指導を管理

HOME > 健康管理システムについて > 健康管理システムで保健指導を管理

健康管理システムで保健指導を管理

風邪をひくと風邪の症状が出ます。
熱が出たり咳や鼻水などもあるので日常生活に影響が出るときもあります。
会社を休むときもあるかもしれません。
風邪とはっきりわかるときはすぐに治るだろうと考えながら過ごせます。
しかし原因が分からない体調不良もあり、何となくだるいぐらいだとそのまま出社してだるい中で仕事をしなければいけません。
だるさがなくなればいいですが、だるさの陰に大きな病が隠れている可能性もあります。
健康診断を受けていれば、ある程度体の状態が把握できます。
血液や尿などにはその時の状態を表す情報がたくさんあり、異常があるときは病気を疑ったり将来の病気のサインのことがあります。
会社としての対応は従業員に情報を渡し、自己管理に気を付けるようしてもらうのが今までのやり方でした。


一方で会社には産業医と呼ばれる制度があります。
会社の規模などによって設置の仕方が変わりますが、大手企業などになると企業内に医師の資格のある産業医を常駐させないといけません。
中小企業となるとさすがに常駐は難しいので、病院に勤務している医師などと契約をして定期的に指導をしてもらいます。
ただ契約上の話で、実際に産業医と従業員が何らかの話をしたり指導を受けたりするケースは少ないかもしれません。
従業員も忙しく、産業医も忙しいので、直接面と向かって話をしたりする時間がないためです。
会社としては従業員の健康のためにも、保健指導が必要な従業員に対して一定の指導をする仕組みを作る必要があるでしょう。
保健指導の仕組みがうまく運用できれば、従業員が病気になる前に病気を防ぐことができます。


健康管理システムを導入する会社が多くなり、従業員の健康診断の結果などを管理しています。
その中の機能として保健指導管理機能があります。
産業医がいて保健指導を行っているとき、その都度その情報が記録できるようになっています。
会社としてはどの従業員がどんな保健指導を受けているかがわかりますし、産業医としてもどの従業員に問題があるかがわかります。
従業員自身もより健康に気を遣うようになるでしょう。
さらに便利な機能がオンラインで保健指導が受けられる仕組みです。
産業医が常に常駐できない五企業では産業医と従業員が面談できる機会を設けにくいです。
Webカメラなどを通じて遠隔で互いに相談をしたりそれに対する指導をしたりができる仕組みがあります。
もちろんその結果も記録され、今後の健康指導に役立てられます。

次の記事へ