完全解析☆健康管理システム

健康管理システムの導入背景と選び方は?

HOME > 健康管理システムについて > 健康管理システムの導入背景と選び方は?

健康管理システムの導入背景と選び方は?

現在、健康管理システムの導入を行う企業が増えてきています。
健康管理システムを導入すると、従業員の健康管理にとても役立ちます。
その背景には、近年自殺者が増えていること、心の病気による休職や退職者が増えていることがあります。
過労による自殺を防ぐため、長時間にわたる労働を見直すだけでなく、職場の環境にも気を配る必要がでてきたんです。
ストレスを抱えながら仕事をしている人を早期に見つけ、心の病気を未然に防ぐために2015年に政府によって、従業員が50名以上の企業は年1回ストレスチェックを行うよう義務付けられたんです。
従業員の健康を守ることは、当然企業側の社会的責任といえます。
健康管理業務の効率化を図るためには、健康管理システムの導入は非常に有効なものといえます。


企業側は従業員の健康状態が悪化することを防ぎ、健康促進を図る必要があります。
健康管理といっても、健康診断から保健指導、休日の確保や分煙化など広範囲にわたり気を配らなければいけません。
長時間労働などによるストレスを緩和するためには、相談窓口の設置も有効ですが、管理業務を行う人たちに負担がかかってしまいます。
そのような場合、健康管理システムを導入することで負担を減らすことが可能です。
近年健康管理を行うアウトソーシングサービスが増えていて、定期健康診断の管理からストレスチェックに至るまで業務を代行してくれます。
クラウド型であれば、どこからでも情報の確認や更新が行えるためとても便利なんです。
法規制にもしっかりと対応してくれ、データーの保管業務や保健指導などの事務処理を全て任せることができてコストの削減にもつながります。


健康管理システムを選ぶには、重要な点がいくつかあります。
定期診断情報は、健康診断の全ての情報を管理しますが、中には自動判定で異常値を見つけてくれるものがでています。
特定保健指導では、メタボリックシンドロームの人に生活習慣の改善や支援を行うことが義務付けられ、専用システムも用意されています。
過重労働の放置はとても危険なため、過重労働者の発見支援を行ったり、健康診断の計画も支援が可能となっています。
製品によっては、メールで受信者に通知をしてくれるものもありますよ。
定められた機関に提出するための定期健康診断結果報告書や資料の作成時には、定められたフォーマットに合わせて出力を行いサポートしてくれます。
これらは全て個人情報となるので、アクセス制限やログ管理などの機能がしっかり備わっているかも重要といえるでしょう。
人事や勤労データーの取込みができれば、業務の効率化を図れるので、他システムと連携できるかも確認する必要があります。
健康管理システムを選ぶときは、どのような機能が必要かを見極めて選ぶようにしましょう。

次の記事へ