完全解析☆健康管理システム

広義での健康管理システムに関しての意義

HOME > 健康管理システムについて > 広義での健康管理システムに関しての意義

広義での健康管理システムに関しての意義

非常に広い、社会全体的な概念で説明をしていくと、健康管理システムといったものは、世の中全体の、あるいはそこの特定の国全体の人間の、包括的な健康情報を一元的に管理をしていくためのものであり、それだけでは無くて、世の中の様々な保健事業の効率的かつ効果的に、推進をしていくためのシステムという事になります。
そうした広大な広義での意義を今から狭めつつ、あくまで広義な範囲でのその意義について、今回の記事で触れていくような流れにしていきます。
しかし、どうしても狭義での意義に触れそうになっていくような形になるところもありますが、そうした場合にはある程度、広めの範囲で触れていく意やり方で表現します。
広義での意義全般の内容になりますので、その点を意識をしながら、今から本題に入るような形です。


まずは、一定の地方自治体規模での場合での意義になりますが、この場合、ある程度のそこの地域・地方の広さからなる都道府県や、小さなところからある程度の規模の大きさのある市区町村などがあり、これらの場合でもそれぞれの広義での意義の広さが、本当に様々なあり方になります。
最初に都道府県単位での大きさの意義に触れますが、この場合には、香川県や鳥取県などのような人口が過疎で小規模なところから、北海道や岩手県、鹿児島県、兵庫県とかのように規模が広くてある程度の人口を抱えているところ、東京都や神奈川県、大阪府などのようなある程度の狭さがあるところでも、人口が100万人以上もの規模からなる巨大都市が集中しているところ、等々、そのシステム自体の捉え方が異なります。
このように実に様々な、広義の社会・行政規模での意義が存在しています。


今の本文1、2のところで触れた、全国規模や各地域・地方規模での健康管理専用のシステムの意義に関して触れたような形になりますが、今度はもう少しだけ狭い範囲での、広義の健康管理システムに関しての意義の内容になります。
この場合、いわゆる産業分野・事業者規模でのものになりますが、それらだけでもかなり広い範囲での意義になりますので、この点でやはり、論点があるところがあります。
そうした事情がありますので、それぞれの健康管理専用のソフトやアプリからなるシステムを、それを採用する組織体個々の単位で考えていくといった必要性などは、どうしても出て来るところは否定出来ません。
このような実態や現状がありますので、これらを一定の形で、ひとまとめにしていくという事自体は到底、無理がある現状があります。
ただ、その分だけ個々の、広義での意義があるところは間違いがありません。

次の記事へ